矯正治療

矯正相談¥0〜3,000程度(保険適応)
矯正検査・診断料¥55,000

子どもの矯正

第1期矯正治療費(混合歯列期)¥440,000
第2期矯正治療費(永久歯列期)
※第1期矯正治療を受けられたお子様が対象
¥275,000

大人の矯正

ワイヤー矯正¥715,000
ワイヤー矯正(上下舌側)¥715,000 +¥660,000
ワイヤー矯正(片側舌側)¥715,000 +¥330,000
マウスピース矯正(インビザライン)¥880,000
毎月の調整料¥3,300〜¥5,500/回

その他

矯正抜歯¥5,500/本
インプラントアンカー¥55,000/本
クラウンレングスニング¥33,000~¥55,000
部分矯正(エクストルージョン)¥33,000〜

※費用は全て税込み表記です。
※2023年から価格見直し予定

インプラント治療

インプラント

CT撮影(部分)¥5,500
CT撮影(全額)¥11,000
サージカルテンプレート(1歯)¥11,000
インプラント一次オペ ¥254,100
インプラント二次オペ¥16,500
インプラント仮歯¥36,300
プロビジョナル(高精度仮歯)¥6,600
インプラント上部構造(臼歯)¥121,000
インプラント上部構造(前歯)¥145,200
暫間インプラント(仮歯即日SET)¥55,000

骨移植

ソケットリフト(1歯)¥55,000
サイナスリフト(1歯)¥220,000
サイナスリフト(2歯以上の多数歯)¥330,000
GBR(1歯)¥66,000
GBR(1歯)コラーゲンメンブレン使用¥110,000
GBR(1歯)チタンメッシュ・コラーゲンメンブレン使用¥165,000

※費用は全て税込み表記です。
※2023年から価格見直し予定

審美治療

詰め物(インレー)

ハイブリッドセラミック充填¥34,100
ジルコニアインレー ¥62,920
ゴールドインレー ¥77,000〜 (時価)

土台と被せ物(コアとクラウン)

レジンコア¥3,300
パラコア(前歯、小臼歯)¥4,400
パラコア(大臼歯)¥5,500
ラミネートベニア(前歯)¥110,000
メタルボンド(表面セラミック、裏金属)¥85,800
メタルボンド(フルメタル)¥96,800
セレッククラウン(奥歯)¥78,000
フルジルコニアクラウン(奥歯)¥106,480
ジルコニアボンド スタンダード(前歯、奥歯)¥125,840
ジルコニアボンド ハイグレード(前歯、奥歯)¥163,350
ゴールドクラウン(奥歯)¥110,000〜

ホワイトニング

オフィスホワイトニング¥55,000
ホームホワイトニング(上下顎)¥33,000
ホワイトニング液(1ボトル)¥4,400
ウォーキングブリーチ¥33,000
ウォーキングブリーチ調整料(3回予定)¥5,500

※費用は全て税込み表記です。
※2023年から価格見直し予定

入れ歯

レジン床義歯保険適応
金属床義歯¥302,500~
ノンクラスプ ¥110,000~
インプラントオーバーデンチャー¥827,200~

※費用は全て税込み表記です。
※2023年から価格見直し予定

何十年先までしっかり噛める
笑えるお口の環境作りをサポートします

お口のことで少しでも気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

[受付時間]9:00~18:30

059-385-1010

大木歯科医院 (四日市)

大木歯科 本院はこちら

059-395-1000

大木歯科医院 (鈴鹿)

お支払方法

現金

現金

クレジットカード

クレジットカード

VISA
VISA
mastercard
MasterCard
スマホ決済

スマホ決済

paypay

保証について

インプラント治療

10年間の保証期間を設けています

保証期間内にインプラントが脱落してしまったり、割れたり欠けたりした場合、再度治療を行います。
ただし、次のような場合は保証期間中であっても適応されない可能性があります。

  1. 大木歯科医院四日市で装着していない場合
  2. 歯ぎしりや食いしばりをされる方で、マウスピースを使用していない場合
  3. 交通事故やスポーツ等の外傷による破損の場合
  4. 周囲の歯を治療をする際、被せた歯を作り直さなければならない場合
  5. 喫煙されている場合
  6. 定期的なメンテナンスにお越しいただけていない場合

審美治療

3年間の保証期間を設けています
(※被せ物のみ)

保証期間内に保険外の被せ物が脱離してしまったり、割れたり欠けたりした場合、再度治療を行います。
ただし、次のような場合は保証期間中であっても適応されない可能性があります。

  1. 大木歯科医院四日市で装着していない場合
  2. 歯ぎしりや食いしばりをされる方で、マウスピースを使用していない場合
  3. 交通事故やスポーツ等の外傷による破損の場合
  4. 周囲の歯を治療をする際、被せた歯を作り直さなければならない場合
  5. 定期的なメンテナンスにお越しいただけていない場合

医療費控除

医療費控除とは、医療機関に支払った医療費の合計が1年間に10万円を超えた場合に、その医療費が税金の還付対象になる制度です。
(ご本人または生計を同一とする方の医療費の合計)

医療費控除に必要なもの

  1. 治療費の領収書・明細書
  2. 税務署でもらう申告書類
  3. 医療保険などで補填された金額が分かるもの
  4. 源泉徴収票
  5. 認印、還付金を受け取る本人名義の口座番号

医療費控除の計算式

医療費控除額医療費の合計額保険金などで補填される金額10万円※所得が200万円以下の場合は所得の5%

還付金額の目安

還付金額の目安