入れ歯

様々な種類の入れ歯を
ご用意します

歯科用プラスチックでできた一般的な保険適応の入れ歯以外に、金属を使用して薄く頑丈に作製したり、金具を使用しない見た目に優れた自費適応の入れ歯など様々な種類の入れ歯を揃えています。

また大木歯科医院四日市が得意とするインプラントを併用した、しっかりと噛めて安定性のある入れ歯(IOD:インプラントオーバーデンチャー)を作製することも可能です。

入れ歯

入れ歯の種類

レジン床義歯

レジンと呼ばれる歯科用プラスチックを使用した保険適応の一般的な入れ歯です。プラスチックの厚みによる違和感や、食べ物の温度が伝わりにくいデメリットがあります。破損した場合の修理は比較的容易です。

レジン床義歯

金属床義歯

金属を使用した入れ歯です。金属を使用しているため、食べ物の温度が伝わりやすく、薄く作製することができるため、違和感が少ないメリットがあります。

金属床義歯

ノンスクラプデンチャー

クラスプと呼ばれる金属の留め具を使用しない入れ歯です。クラスプの代わりに歯肉の色に合わせた柔らかいプラスチックの素材で固定します。
審美性に優れた入れ歯で痛みや違和感が少ないメリットがあります。

入れ歯

インプラントを併用した義歯(IOD:インプラントオーバーデンチャー)

インプラントを併用する入れ歯です。総入れ歯(インプラントオーバーデンチャー)、部分入れ歯(インプラントパーシャルデンチャー)に対応することが可能です。

インプラントを併用した義歯では数本のインプラントを埋入し、入れ歯を装着することでしっかりと固定された入れ歯となります。違和感もほとんどありません。

インプラントオーバーデンチャー

費用

レジン床義歯保険適応
金属床義歯¥302,500~
ノンクラスプ ¥110,000~
インプラントオーバーデンチャー¥827,200~

※費用は全て税込み表記です。
※2023年から価格見直し予定

お支払方法

現金

現金

クレジットカード

クレジットカード

VISA
VISA
mastercard
MasterCard
スマホ決済

スマホ決済

paypay

リスク・副作用

リスク・副作用について

  • 入れ歯の厚みに違和感を感じる可能性があります。
  • 入れ歯を支えるための歯に負担がかかるため、残存歯の状態を悪化させることがあります。
  • 加齢によるお口の中の変化により定期的に調整が必要になる可能性があります。
  • 噛む力により割れたり欠ける可能性があります。
  • 耐久性がやや劣るため数年後に再作成が必要になる可能性があります。
  • 破損した場合修理に時間がかかる可能性があります。
  • 金属の種類によってはアレルギーがでる可能性があります。