口腔外科

幅広い疾患の診療を行います

親知らずの抜歯やインプラント治療、口腔内・外傷歯への応急処置、口内炎・粘膜疾患、顎関節症、外骨症など、様々な症状や疾患に対応しています。

歯科用CTや歯科医療顕微鏡マイクロスコープなどの専門設備を駆使し、精度の高い検査・診断を行います。またミーレやクラスB滅菌器での感染対策も徹底しています。

総合歯科診療

歯牙移植

親知らずや、生えている位置が異常の場合に、抜歯した歯を移植する方法です。
※症例によって保険適応の場合があります。

歯根端切除術・嚢胞摘出術

歯の根の先(根尖)まで感染してしまい、根管治療での対応が難しい場合は、感染した根尖の部分を切除する歯根端切除術や、根尖にできた袋状のもの(嚢胞)を摘出する嚢胞摘出術を行います。

小帯切除術

上唇を持ち上げた際に真ん中にあるヒダや、舌を上に上げると見えるヒダを小帯と呼びます。この小帯の位置などに異常がある場合、舌が動かしにくく、発音に支障をきたす恐れがあるため、切除を行います。

歯肉形成・移植

歯肉のラインが不揃いな場合や、歯を覆う面積が広かったり痩せ細っている場合に、形を整えたり歯肉を移植する方法です。
※症例によって保険適応の場合があります。

当院での治療が難しいと判断した場合、提携している医療機関へ
ご紹介させていただくことがあります。

親知らず

「親知らずって抜いた方がいいの?」

「親知らず=必ず抜く歯」ではありません。真っ直ぐ生えていてきちんと噛み合っていたり、完全に埋もれていて何も問題のない場合はそのまま残します。親知らずが虫歯になったり隣の歯に悪影響がある場合には、歯科用CTで下歯槽神経の位置をしっかりと確認したうえで抜歯のご提案をさせていただきます。

現状の説明と処置

顎関節症

顎に過剰な力がかかることが原因です

口を開けると痛みが出たり開けづらかったり、顎から音がなったりなどの症状がある方は顎関節症かもしれません。歯ぎしりや食いしばり、頬づえ、うつ伏せ寝、歯列不正による無理な顎の動きやガムを噛む習慣など、要因は様々です。

症状のほとんどは一時的なもので安静にしていれば自然に治ることが多いですが、症状が続くようであればマウスピースで顎の負担や痛みを緩和させます。

顎関節症